自動運転車の事故トラブル対応サービス拠点開設 損保ジャパン日本興亜

2

 損保ジャパン日本興亜は、このほど遠隔型自動運行サポート施設「コネクティドサポートセンター」をプライムアシスタンスに開所した。そして、9月27日は実証参画企業と協力して、レベル4相当の無人自動運転車の事故トラブルを想定した操舵介入と、オペレーターによる事故対応の実証実験を実施した。実証実験は同社が東京大学の加藤真平准教授と進めている共同研究や同准教授が進める「文科省JST CREST事業」の一環として行ったもの。自動運転車の実証走行の協力体制と各社の役割は以下の通り。

〇損保ジャパン日本興亜・プライムアシスタンス

リスクアセスメント(安全対策)、走行状況など監視サポート、事故トラブル対応サポート(ロードサービス手配)、保険の付保。

〇ティアフォー

自社が開発したオープンソース自動運転ソフトウェア「Autowara」と連携する遠隔監視システムを新たに開発したオペレーターシステムを提供

〇アイサンテクノロジー

自動運転に必要不可欠な高精度3次元地図の作成と自動運転車の走行支援

〇KDDI

自動運転走行を支える通信ネットワークの構築支援

〇マクニカ

今後の実証で自動走行が計画されている新型の自動運転対応車による展示走行の実施

 

コネクティッドサポートセンターは、無人の自動運転車の遠隔監視・操舵介入と事故トラブル対応などの総合サポートの研究を目的とした施設だ。複数台の自動運転車の走行状況をモニター監視し、危険時などにおける遠隔操作による操舵介入やレッカー手配などのロードサービス、現場駆けつけなどの現地対応サポートの提供などを行う。さらに、警察や消防などへの緊急通報支援、事故トラブル時の車両停止時における代替移動手段の手配などもその役目だ。

保険net新聞 2018.10.09 より




安田総合へのお問い合わせはこちらまで!(東京支店の住所が変わりました!)